A lonely long night on the shore of Lake Tekapo

テカポでCF用合成素材の撮影。自分の担当は星景撮影なので仕事は夜。ロケハンのあとはほとんど単独行動だ。あいにく天候が不安定で雨を避けながらの撮影になったが、専用のキャンパーが用意されていたので機材の出し入れも楽勝。スタンバイ中はソファーシートでくつろげる素敵な状況は、テレビのロケではまず考えられない。

Tekapo shoot01 Tekapo shoot02

 

It’s springtime

早春のクライストチャーチ。中心部はまだまだ補修中の柵だらけ。フレーミングは大変だけど、少しづつガーデンシティの風景が戻りつつある。

CHC spring 01 CHC spring 02

サイロステイ

サイロというのは、穀物やウッドチップ、石炭などの保管庫である。ニュージーランドでは主に家畜の餌となる穀物用に使われているらしい。これをアパートメントに改造した宿がリクライストチャーチの郊外にある。下にキッチンとリビング、上にシャワー付きのベットルームがある二層構造になっていて、思ったよりは広い。ただし、場所はアカロアへ向かう途中の小さな集落でかなり寂しい。とにかく変わったところに泊まりたい人にはいいかも。

Silo Stay Accommodation

silo stay 01 silo stay 02

ジェシー、惜しくも4位!

 ソチ五輪から採用された新種目、スキーハーフパイプに出場したジェシー・ウェルス選手(ニュージーランド)。霙まじりの悪条件の中、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたがメダルにあと一歩届かず。惜しかった。

J Wells

スーパーラグビーに挑む4

 オタゴの田中史朗選手がITMカップのタスマン戦に出場した翌日。同じ会場でカンタベリー地区からITM出場を目指す藤田慶和選手の試合があった。いつもはウイングで先発とのことだったが、この日は後半10分からフルバックで出場。所属しているのはカンタベリーメトロというITM地区代表のBかCチーム的なポジションのチームだ。
 希望していたITMのスコッドには入れず、現実の厳しさに直面しながらも、「この歳でこういう経験が出来ている事はプラス」と本人は前向き。ITMの先に見据えているのはもちろんスーパーラグビーである。

banner_02.gif

世界水泳 連夜の銅メダル!(NZの話ですが)

 ニュージーランドのローレン・ボイル選手が女子自由形400mと1500mで銅メダルを獲得。特に1500mの方はメジャー大会初めてエントリーした種目にもかかわらず終盤まで世界新を上回る見事な泳ぎ。自己ベストを30秒以上更新する快挙だった。
 ちなみにニュージーランド水泳代表のニックネームは「アクアブラックス」。残念ながらハカはやりません。

boyle_220x147
写真:NZヘラルド

banner_02.gif