スーパーラグビーに挑む4

 オタゴの田中史朗選手がITMカップのタスマン戦に出場した翌日。同じ会場でカンタベリー地区からITM出場を目指す藤田慶和選手の試合があった。いつもはウイングで先発とのことだったが、この日は後半10分からフルバックで出場。所属しているのはカンタベリーメトロというITM地区代表のBかCチーム的なポジションのチームだ。
 希望していたITMのスコッドには入れず、現実の厳しさに直面しながらも、「この歳でこういう経験が出来ている事はプラス」と本人は前向き。ITMの先に見据えているのはもちろんスーパーラグビーである。

banner_02.gif