おもわぬ余波

 「さっき、最後の4本が売れて、次はいつ入荷するか分からないわ」。来月のロケのために、収録テープをオーダーしようとしたサプライヤーからこんな返事がきた。

 東日本大震災でソニーの生産拠点がダメージを受け、供給が滞っているらしい。なるほどそんなこともあるのかと思いつつ、他の業者にも聞いてみたら、どこもすでにSOLD OUT??

 ちょっと焦りながらも、ならば日本から直接取り寄せるのも致し方なしと、日本の業者サイトを当たってみた。ところが、驚いた事に日本ではすでに先週の段階で在庫の奪い合いが終わったあとだったのだ。

 今回、必要としているメディアはHDCAM SRというちょっと特殊なタイプ。テレビの撮影で一般的なHDCAMの上位フォーマットで、映像信号のロスが極めて少ないFullHDの収録が可能。どちらかというとCFや映画などで使われる事が多い。操業を停止しているソニーの仙台工場は世界で唯一、このメディアを生産している場所なのだそうな(ノーマルHDCAMは他のメーカーも生産している)。つまりこの供給不足は世界中で起きているのだ。

 どんなに高性能な機材と有能なスタッフが揃っていても、収録テープがなければ撮影はできない。という訳で、ここから猛然と在庫獲得レースに参加。オークランドの技術スタッフにも助けてもらい、なんとかシドニーで必要最低数を確保することに成功した。

 しかし、価格は通常の数倍。理不尽だと分かっていても、買えるだけラッキーだと自分に言い聞かせて有り難く購入したのはいうまでもない。

HDCAM SR

banner_02.gif

がんばろう日本

 「日本は我々の災害時に多大な助力をもって応えてくれた。今、我々はあらゆる方法で日本を支援する用意がある」。

 ニュージーランドのジョン・キー首相はこう述べて、早速48人のレスキュー隊の派遣を決めた。

 「日本は世界中の助けを必要とする人々に対する最大の援助国のひとつだ。我々は日本国民とともにある。この困難な時期に我々はあらゆる支援を行うつもりだ」。

 国連の潘事務総長の声明にあるとおり、すでに56カ国から支援のオファーがあり、世界中の人々から手を差し伸べられている。

 私たちも募金活動以外に何か出来ることがないか考えている。

 がんばろう日本!

rise up

banner_02.gif

USTREAMで地震情報

 USTREAMが海外在住者にとって地震の情報を得るための貴重な情報源になっている。中学生が流し始めたNHK広島放送局の中継をきっかけに、NHK自身が公式に総合テレビのミラー放送を開始。TBSはその少し前からすでにスタートし、今はテレビ朝日もANNニュースを配信している。いずれも我々にとっては本当に有り難い放送だ。

NHK総合

TBS

ANN

banner_02.gif