揚げ物な日々

 今回の仕事はW杯センターの収録デスク。要は南アフリカから送られてくる試合映像や周辺取材素材を東京側で受けるところで、現場とやりとりをしながら収録部隊を仕切るのが仕事である。

 基本シフト制なので、制作スタッフのように試合結果に一喜一憂しながら不眠不休で働くようなことはないけれど、急に素材が伝送されてくることもあるため席を離れられない。よって、毎日、仕出し弁当のお世話になることに。

 日本のお弁当はとても美味しいのだけど、さすがに唐揚げ、カツ、フライなどの揚げ物ローテーションは辛い。。。

deskbento

banner_02.gif

公園に注意!

 ミッドタウンにほど近い裏路地にある標識です。公園にはくれぐれも気をつけましょう。

kouenmidtown

banner_02.gif

辛そうで辛くない

 品薄状態が続いているという桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」。六本木のドンキでは山積みだったのでひとつ購入。

 分葱をどさっとのせた冷や奴にかけて食べてみると、確かにうまい。ただし、具入りとはいっても油は油。六本木のマンションには20日間しかいないので、朝飯に添えて(実際の時間は午後)ほぼ毎日食べていたが、それでも食べ切るのに難儀した。

 さすがにこれをそのままご飯にかける気にはなれませんでした。

rayuroppongi01

banner_02.gif

歴史的瞬間

 ニュージーランドのサッカー代表が28年ぶりにW杯のピッチに立った。初戦の相手は世界ランク33位のスロベキア。対するニュージーランドは79位。

 後半早々にスロベキアに先制され、このまま終わるかと思われた試合終了間際のロスタイム。ディフェンダーのウィンストン・リードが起死回生の同点ゴール。ニュージーランドに史上初の勝点をもたらした。

 でも、この劇的瞬間に興奮していたのはどうみても自分ひとり。さびしー。。。

IMG_1950IMG_1956

banner_02.gif

六本木に来ると

 いつも必ず食べるのが、四川飯店の麻婆豆腐。シドニーの水井坊のような本格四川の辛さはないけれど、自分にはちょうど良い。

 ランチのタイムサービスで麻婆豆腐定食980円。日本は安い。。

IMG_1935

banner_02.gif