捕鯨船のジレンマ

 15日、南氷洋を航行中の捕鯨船日新丸に火災が発生し、乗員1名が行方不明になる事故があった。2日後にほぼ鎮火し、船内の火元と見られる場所で日本人男性の遺体が発見されたのだが、おそらく日本のニュースでフォローされたのはここまでだろう。でも、ニュージーランドではここからの騒動が大きく報道された。

 実は、日新丸は火災の前日までグリーンピースの抗議活動の標的となっていた。火災が発生し救助信号を出したとき、グリーンピース船は燃料補給のためにオーストラリアに向かっていたのだが、捕鯨船団以外では日新丸に一番近くにいたために、急遽、引き返した。ところが日新丸は「環境テロリストの助けは受けない」と救援を拒絶。これに対しグリーンピース側は「今、我々にとって一番大事なのは日新丸の乗員の命であって、それ以外の理由は何もない」。つまり、非常事態に政治的な判断を持ち込むべきではないという正論(建前半分であっても)で応えた。

 こうなると立場的に弱いのは、人の命よりもプライドにこだわっているように見える日新丸の方だ。しかも、日新丸はエンジンにダメージを受けていて自力航行ができない状態。曳航してもらうにも、仲間の捕鯨船では力不足ということが判明していた。

 皮肉なことに、グリーンピースの船・エスペランザは元ロシアの消防船であり、海難事故に対応する装備は完璧。さらに船長はサルベージ船を10年間操っていた経験を持つ曳航作業のスペシャリストだった。

 つまり、誰が見ても人命を優先するならばベストの選択は、グリーンピースの救援を受け入れること、という状況になってしまったのだ。無論、ニュージーランドはこれを日本側に批判的な立場で報道した。

 19日現在、たまたま穏やかな天候が続いている南氷洋で、「助ける」「助けはいらない」の珍妙な押し問答が未だ続いている。日新丸はエンジンの再始動を試みているが苦戦しているようだ。この顛末の結果はここから

引っ越し完了

 1泊2日で800キロ完走。途中に信号は全く無し。家の入り口で、たわわに実った梨が迎えてくれた。

tasman01.jpgNashi.jpg

北へ向かって800Km

 さて、いよいよニュージーランドへ来て初めての本格的な引っ越しだ。レンタルの2トントラックを私が運転して、自家用の軽自動車は免許を取って1年未満の相方が担当する。

 入らなかったらどうしようと気を揉んでいた荷物は、いざ積んでみたらスカスカだった。2トントラックに半分強、これが我が家の全財産ということだ。

 目指すは南島北端の街、ネルソンの郊外である。

truck01.jpgtrucklapin.jpg

ここは鹿児島?

 キャンプ取材の最終日はフライトスケジュールの関係でメルボルン泊まり。シドニーともオークランドとも違うこの街の第一印象がこれでした。

Mel.jpg

あつい・・

 オーストラリアのメルボルンから車で約1時間。ジーロングという海辺の街でロッテ・マリーンズのキャンプが始まった。しかし、昨日の気温は38度。日陰の全くないグラウンドで、午後の打撃練習を取材しているときには、ほとんど意識がなくなりそうだった。

 結局、あまりに暑過ぎて、練習スケジュールが急遽変更。今日の練習は夕方16時から。

 猛暑を避けられるのは有難いが、それって、一体、終わるの何時・・。

lotte02.jpg